【WordPress】固定ページを使用して簡単に記事一覧ページを作成する【超初心者】

【WordPress】固定ページを使用して簡単に記事一覧ページを作成する【超初心者】

 

固定ページを使うと簡単に記事一覧ページが作れます。

 

現在のフロントページは固定ページを利用して自分でデザインしたものにしています。

関連:【WordPress】固定ページをフロントページ(トップページ)に設定する【超初心者】

 

特に苦労したのは、新着記事の表示です。

関連:【WordPress】フロントページ(トップページ)に新着記事を表示する【PHP・CSS】

関連:【WordPress】エックスサーバーWebFTPにPHPファイル等をアップロードする方法【超初心者】

 

何とかフロントページを作ることが出来ましたが、そうすると新たな問題が出てきます。

フロントページの初期設定である記事一覧のページがなくなってしまうことです。

新着記事の下に「記事一覧」ボタンを作りたいので、なくなると困ります。

 

記事一覧ページは固定ページで簡単に作ることが出来ます。

今回はその方法を記録していきます。


固定ページに記事一覧を表示する

思ったより簡単に実装することが出来ます。

手順は以下の通りです。

 

  1. 記事一覧用の固定ページを作成する
  2. 表示設定の投稿ページを設定する

 

これだけです。

1つずつ確認してみます。

 

記事一覧用の固定ページを作成する

まずは記事一覧ページを作成します。

固定ページを新しく追加します。

 

タイトルを入力し「公開」ボタンをクリックします。

タイトルはなんでもいいので、今回は分かりやすいよう「記事一覧」にしました。

入力するのはタイトルのみで、本文は何も入力しなくてOKです。

以上で記事一覧用の固定ページが完成です。

 

簡単!

 

表示設定の投稿ページを設定する

次は、先ほど作成した固定ページに記事一覧を表示する設定を行います。

左のメニューの「設定」から「表示設定」をクリックします。

 

フロントページの表示を変更します。

固定ページを選択し、投稿ページ先ほど作成した「記事一覧」に設定します。

 

以上で設定が完了です。

 

簡単!(2回目)

 

設定を確認する

念のため、設定できているか確認してみます。

メニュー左から固定ページをクリックし一覧を表示します。

記事一覧に「投稿ページ」と表示されていれば設定できています。

 

記事一覧をクリックすると「最新の記事を表示するページ」となっており、本文がなくなっているはずです。

 

プレビューを見ると記事一覧が表示されます。

あとはこのページのURLを記事一覧ボタンにリンクさせれば設定が完了です。


今回のまとめ

固定ページを使用して記事一覧を表示しました。

PHPなどの知識なしで、設定のみで作成できるので簡単でしたね。

決まり事らしい決まり事もないため、やり方さえ知っていればすぐにできるのが嬉しいです。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:知識ゼロからホームページ作成・公開するまでの手順と公開後の作業まとめ<画像付き>

 

 

WordPressカテゴリの最新記事