【WordPress】テーマ「LION MEDIA」のおすすめポイントと使い方【本サイトで使用中】

【WordPress】テーマ「LION MEDIA」のおすすめポイントと使い方【本サイトで使用中】

無料で使えるすごいテーマ発見です!

 

WordPressでは無料で使えるテーマがたくさんあります。

関連:「外観」使用してサイトのデザインを変更する

どれも素晴らしいので迷ってしまいますよね。

私はこれまで「Travelify」を使用しており、こんな感じでした。

  

シンプルで良いのですが、結構英語の部分があり説明が分からず困ることがありました。

そこで思い切ってテーマを「LION MEDIA」に変更しました。

関連:サイトのテーマを変更する際の準備と注意点

 

テーマを変更後、色々設定してみて思ったことがあります。

このテーマ素晴らしすぎ・・・?

「LION MEDIA」、すごすぎます。

せっかくなので、使ってみて感動した点とテーマの導入方法を紹介します。

 

テーマ「LION MEDIA」のおすすめポイント

「LION MEDIA」はWordPressで使用できる多機能・高性能なテーマです。

すでに素晴らしいテーマなのですが、2017年10月27日にリリースされたばかりの新しいテーマなので、これからのアップデートにも期待が持てる新進気鋭のテーマです。

新しいものにはすぐ手を出したくなってしまう私なので、早速「LION MEDIA」を使用することにしました。

使ってみて感動した機能とオススメな点を紹介します。

 

プラグイン無しでかなりのことができる

これは公式サイトの以下のページで紹介されているので、そちらをご覧ください。

プラグインなしで実現できるLION MEDIAの機能・特徴

 

私には高度すぎて使いこなせていない部分もありますが、基本的な部分は初心者でも使いやすいよう簡単に設定が出来るようになっています。

便利すぎる機能が簡単に使えてありがたいので、紹介させていただきます。

 

管理画面の投稿一覧にID・閲覧数・サムネイル画像が表示される

「LION MEDIA」はサイト作成者に優しく、WordPressの投稿ページが使いやすくなっています。

 

「LION MEDIA」では、記事のIDを用いて設定する項目が多くあります。

トップページ上部に表示させる記事を選んだり、固定ページ一覧を表示するときにいらないページを除外したり、といった感じです。

その設定が行いやすいよう、WordPressの投稿一覧ページに記事IDが表示できるようになっています。

 

また、記事ごとの閲覧数を表示させることができ、さらにそれを並び替えることができます。

どの記事が人気なのか、すぐに把握できるのは地味に嬉しい機能ですね。

 

さらに、アイキャッチに設定した画像をサムネイル表示までしてくれます。

「LION MEDIA」はアイキャッチが大きく表示されるテーマなので、どの記事にどんなアイキャッチを設定したか確認したいときにページの編集画面までいかなくても良いのは助かります。

設定し忘れも一目瞭然ですね。

 

ウィジェットの種類が豊富

ウィジェットとは、サイドバーなどにカテゴリーや最新記事など好きなものを表示させるためのブログパーツのことです。

「LION MEDIA」では、そのウィジェットが多く用意されています。

 

サイドバーはもちろん、投稿記事の上・下TOPページの上にもウィジェットエリアがあり、好きなウィジェットアイテムを配置することができます。

さらにフッターのウィジェットエリアは左・中央・右に3分割されているので細かな配置が可能です。

それに加え、サイドバー下にはスクロールに追従する固定表示用のウィジェットエリアまで用意されているのですごいです。

 

ウィジェットアイテムには広告用のものがあり、サイドバーや記事の上下にアフィリエイト用の広告を簡単に配置することができます。

ただし、この追従型のウィジェットエリアにGoogleアドセンスの広告を配置するのは規約違反なので、注意が必要です。配置可能な別の広告か、別のウィジェットアイテムを配置するようにしましょう。

 

人気記事ランキングが作れる

投稿ページに閲覧数を表示できるということは、「LION MEDIA」がページごとの閲覧数を把握してくれているということです。

それを利用して、人気記事ランキングを作成することができます。

作成したランキングは、ウィジェットのパーツとして配置できるのはもちろん、最新記事が表示されるトップページの下部に表示させる専用機能が付いています。

 

極め付きは、固定ページを利用したランキングページを作成できることです。

記事数を自由に設定することができ、試しに「500」に設定してもエラーを起こさず動きました。

まあ、このサイトの記事数が130ちょっとしかないので、そこまでしか表示されませんでしたが・・・。

とりあえずTOP50でランキングページを作ってみました。(そんなに必要ないだろ・・・)

ここまで多くの記事数でランキングページを作れるテーマはあまりないのではないでしょうか?

 

レイアウトを1カラム2カラムと選択可能

1カラムはサイドバーなし2カラムは右にサイドバーが表示されるレイアウトになります。

投稿ページ、固定ページ、アーカイブページのそれぞれで設定が可能になっています。

アーカイブページというのは、新着記事が表示されるトップページやカテゴリーページのことです。

また、固定ページはページごとに1カラムレイアウトに設定することも可能です。

 

カテゴリーのアーカイブページにカテゴリの説明文章を表示可能

カテゴリーを作成する際、説明文というのを設定できます。

これを活用できる機会はほとんどないのですが、「LION MEDIA」では、カテゴリーのアーカイブページに、設定した説明文を表示させることができます。

カテゴリ名だけで分かりやすくなっているといいのですが、このサイトのようにカテゴリがバラバラで「その他(絵)」みたいに分かりにくいカテゴリがある場合にはぜひ活用したい機能です。

 

トップページにピックアップ記事を設定できる

トップページを固定ページにしていない場合、上部に3件のピックアップ記事を表示することができます。

見てほしい記事を固定で3件、目立つように配置できるので、閲覧者の増加が期待できます。

もちろん、必要ない場合には非表示にもできますが、表示させているだけでページのデザインが整うので、特にピックアップしたい記事がない場合でも表示を有効にしておくといいと思います。

ピックアップ記事は記事IDで選択しますが、選んでいない場合は最新の記事が3件表示されます。

 

トップページにカテゴリごとの新着記事を表示できる

「LION MEDIA」では、トップページ下部にカテゴリーごとの最新記事を1件ずつ表示させることができます。

これは、他のテーマではあまり見ない機能で、このサイトのようなカテゴリーごとに全然違う内容を記事にしているようなサイトには非常に魅力的な機能です。

必要ないカテゴリーはIDを指定して除外することができるので、必要なカテゴリーのものだけを表示しスッキリさせることができます。

 

スポンサーリンク


投稿記事の最後に同じカテゴリの新着記事を表示できる

記事の下部に、読んでいる事のカテゴリーと同じカテゴリーの新着記事を6件表示することができます。

新着記事が表示できるテーマは結構ありますが、記事と同じカテゴリーのものだけを表示してくれるのはあまり聞きません。

これもカテゴリーが多いサイトにはありがたい機能ですね。

もちろん、必要なければ非表示に設定することもできます。

 

見出しタグをもとにした目次を表示できる

投稿ページの最初の見出しタグの前に目次を表示することができます。

「Travelify」のときはプラグインを使用して目次を表示していました。

関連:目次を表示するプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する

 

「LION MEDIA」では、プラグインなしで目次を作成できます。

ページごとに表示・非表示を選択できるため、短い記事だけ非表示にすることも可能です。

また、最初の見出しタグの前以外の場所に表示したい場合は、記事ごとに自由な場所を選択できます。

プラグインの目次の方が優先されるため、「LION MEDIA」の目次を使用する場合は、プラグインの方を無効にしておく必要があります。

 

細かいカラー設定が可能

テーマのカラーを自由に設定することができます。

メインの色の他、カテゴリごとのイメージカラーを選択できます。

これまで紹介してきたのカテゴリー関係を表示を、それぞれのイメージカラーで表示させることが可能なので、パッと見てどのカテゴリーかを分かりやすく出来ます。

 

色はもともと用意されているものが30色で、さらに自分で微調整した色を用意できるユーザー定義カラーが5枠用意されています。

これだけあれば最大35個のカテゴリーをすべて別の色に設定することも可能なので十分すぎますね。

 

「LION MEDIA」すごすぎる!

 

「LION MEDIA」の使い方

こんな感じで素晴らしいテーマですが、以前紹介したテーマの追加方法では利用することができません。

関連:テーマを検索し追加する

 

このテーマはWordPress公式テーマではないため、テーマの検索をしても出てこないからです。

こういうテーマを「野良テーマ」というそうです。

 

「野良テーマ」といわれると不安をあおりますが、多機能すぎるテーマはWordPress公式テーマになれないそうです。

WordPress公式のプラグインが使われなくなるからです。

確かに、オススメのテーマを調べてみると公式テーマではないものの方が多く出ているように感じます。

一応、調べて悪い評判がないかだけは確認してから使用するようにしましょう。

 

「LION MEDIA」の開発元は、千葉にあるFIT-フィット-という個人事業所です。

個人ではなく個人事業所で、ホームページを見ると事業内容がWEB系のようです。

日本の事業所が開発元で、他にもWordPressのテーマを作っているところなので、安心して使用できます。

 

それでは導入方法を見ていきます。

 

公式サイトからダウンロード

まずは公式サイトからテーマをダウンロードしましょう。

以下のダウンロードページから「LION MEDIA」をダウンロードします。

子テーマもあるので、それも一緒にダウンロードしましょう。

FITが提供するLIONテーマのダウンロードページ

 

関連:子テーマとは?カスタマイズに子テーマを使用すべき理由と使い方

ダウンロードしたファイルはZIPファイルになっていますが、展開は不要です。

 

テーマのアップロードとインストール

WordPress公式テーマ以外は、ダウンロードしたテーマをアップロードする必要があります。

まずは、左メニューの「外観」から「テーマ」をクリックします。

 

 

次に、画面上部の「新規追加」ボタンをクリックします。

 

「テーマのアップロード」をクリックします。

 

「ファイルを選択」ボタンをクリックして、先ほどダウンロードしたテーマを選択します。

アップロードする順番は、「LION MEDIA」「子テーマ」の順番です。

ファイルはZIPファイルのまま展開せずに選択します。

 

最後に「今すぐインストール」をクリックすればLION MEDIAが使用できるようになります。

インストール後はWordPressの公式テーマと同じように、有効化するとそのテーマが適用されます。

有効化する前にしっかり準備を整えてから有効化するようにしましょう。

関連:サイトのテーマを変更する際の準備と注意点

ちなみに有効化するのは「子テーマ」の方です。

あとは自由に設定を変更して自分だけのサイトを作成しましょう。

 

自分の好みに合わせて設定!

 

「LION MEDIA」まとめ

「LION MEDIA」は、すべてを紹介することが出来ないほど多機能なテーマです。

特にカテゴリーに関する設定が豊富なので、このサイトのように幅広いカテゴリーを扱っているサイトにはピッタリで非常にオススメです。

 

広告の表示も簡単なので、Googleアドセンスなどのアフィリエイトに挑戦したい方にも良いと思います。

以前のテーマ「Travelify」のときは、広告用ウィジェットがなく、知識がなくて自分で何とかすることができなかったため、すべての投稿記事に広告コードや応援ボタンを毎回貼っていました。

今考えるとものすごい面倒臭いことをしていたのだなぁ、と感じます。

 

プラグインなしで、しかも簡単に様々な設定ができるため、私のように知識があまりない初心者でも安心して使える素晴らしいテーマだと思います。

また、元々のトップページなどがオシャレだったり、カテゴリの色を分けるだけでかわいくなったりと、デザインセンスがあまりなくても綺麗なサイトが作れるのも嬉しいです。

これからWordPressでサイトを作る予定のある方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめです!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:知識ゼロからホームページ作成・公開するまでの手順と公開後の作業まとめ<画像付き>

WordPressカテゴリの最新記事