【アフィリエイト】審査期間3か月半!グーグルアドセンス(Google AdSense)に一発合格した状態の記録

【アフィリエイト】審査期間3か月半!グーグルアドセンス(Google AdSense)に一発合格した状態の記録

 

ついに、ついにグーグルアドセンスの審査に合格しました!

 

このサイトは2017年2月24日に作成しました。

そして約1か月後の3月末、グーグルアドセンスに申請しました。

それから3か月半ほどたった本日7月6日・・・

 

ついに審査に合格しました!

 

コツコツ続けてきてよかったです!

今回は申請後から審査に合格するまでのサイトの状態を記録しておきます。


審査期間と審査中の様子

グーグルアドセンスの申請は、この「不器用ド貧乏日記」で行いました。

 

審査にかかった期間

結論から言うと、申請から3か月と2週間ほどかかりました!

調べても「1ヶ月以上かかった」というのはでてきても、3か月以上というのはほとんど出てこなかったため、本当に不安でした。

それでもちゃんと一発で合格できましたので、もし同じ不安を抱えておられる方がいらっしゃったら、もう少し頑張ってみましょう。

思いのほか長くかかると思っておいた方が気が楽ですよ!

 

審査中の様子

上記のように、私の場合はかなり審査に時間がかかりました。

その間の様子はというと・・・

 

一切連絡はありません!

 

何も連絡が来ないので正しい状態なようです。

審査が始まっているのかすら分かりませんので、信じて待ちましょう。

もし待ちきれない場合は、一応問い合わせることが可能です。

関連:【アフィリエイト】グーグルアドセンスの審査が終わらないので問い合わせをする【超初心者】

 

実は、上記の記事より前に、申請から3週間経過した時点でも同じ方法で問い合わせています。

それに対しても一切リアクションがなかったため、問い合わせれば必ず何か帰ってくるわけではありません。

むしろ、何も帰ってこないと思っておいた方が気が楽だと思います。

 

ということで、私の審査をまとめると以下のようになります。

 

  1. 申請
  2. 問い合わせ(3週間後)
  3. 問い合わせ(3か月後)
  4. 合格メール(3か月と2週間後)

 

合格メール以外はグーグルからの連絡は一切ないため、気長に待つしかないですね。

合格時のこのサイトの様子も記録しておきます。


こんなサイトでも合格しました

申請サイトについて調べると「画像はダメ」とか「広告はダメ」とか、色々書かれています。

結果が来なくて不安な時、どの情報を信じて良いのか分からなくなりますよね。

「これが良い」とは違いますが、「こんなサイトでも合格できた」というのをありのまま記録しておくので、ちょうど不安で悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

 

サイトのドメイン

ドメインが新しすぎると良くないというのはよく書かれていました。

このサイトは、2017年2月24日に取得し、7月6日で合格したため、ドメインは取得から4か月と2週間ほどです。

半年以上でなくても大丈夫なようですね。

 

サイトのジャンル

不器用ド貧乏日記は、ジャンルを1つに絞れないごちゃごちゃサイトです。

  • ホームページ作成
  • WordPress
  • イラスト
  • 音楽・作曲
  • アフィリエイト
  • 動画作成
  • 雑記

これだけ統一感がなくても合格することが出来ました。

サイトのジャンルは1つに絞れていなくても問題ないことが分かります。

 

サイトの訪問者数

ここ2週間ほどの訪問者数は、1日20人前後です。

1ヶ月ほど前までは10人前後でしたが、2週間ほど前から急に2倍になりました。

原因はよく分かりませんが、もしかしたら人数が増えたことが審査を進めるきっかけになったのかもしれませんね。

4か月ちょっと続けて1日20人というのが多いのか少ないのかは分かりませんが、そんなにたくさんの人が見に来ている必要はないようです。

 

記事の更新頻度と文字数

合格時の記事数は以下の通りです。

 

  • 投稿ページ・・・106記事
  • 固定ページ・・・7記事
    • 記事一覧、フロントページ、プライバシーポリシーも含む
  • 1記事の文字数・・・500文字から3000文字
    • 平均1000文字ちょっとくらい

 

100記事までは毎日更新していました。

合格時は1週間に1~2記事ほどの更新でした。

審査中は毎日更新した方が良いとか、更新しない方が良いとか、情報が交錯していますが、私は週1記事くらいの状態だったので、更新頻度はあまり関係ないのかもしれませんね。

更新頻度は下がりましたが、1記事の情報量が増えるように意識していました。

これまでは1000文字を目安にしていましたが、更新頻度が下がってからは、長いものだと3000文字ほどの記事も書いています。

 

また、固定ページの中に1つ重要なページがあります。

それはプライバシーポリシーです。

グーグルアドセンスの審査に必須なので、必ず作成するようにしましょう。

こちらのサイトのプライバシーポリシーを参考に作っていただいても構わないので、作り方が分からない方は、同じような文章で作ってみましょう。

 

記事内のメディアと広告

画像や広告は貼らない方が良いという情報は、非常によく見かけました。

しかし、このサイトは様々なメディアや広告を使用しています。

  • メディア
    • 写真
    • イラスト
    • 音声データ
    • 動画(You Tube)
  • 広告
    • A8.net
    • Amazonアソシエイト

これだけ使用していても合格することが出来ました。

 

1つ気を付けていたことは「著作権」です。

写真・イラストはフリー素材か自分で用意した画像のみ使用しています。

音声データはすべて自分で打ち込んだものを使用しました。

「かえるのうた」も曲の著作権が切れていること確認したうえで、アレンジ例として自分で打ち込んだ音声データを使用しています。

記事に埋め込んだYouTubeの動画は、自分で作曲し、自分でアップロードした動画なので、著作権は私にあります。

著作権を侵害しないように注意さえすれば、記事内にメディアを入れるのは問題ないようです。

 

広告も同様です。

全部の投稿ページに広告を貼っていましたが、合格することが出来ました。

広告を貼っていても問題ないため、モチベーション維持も兼ねて審査が緩いところの広告を貼ってみるのも良いと思います。

1日数円でも収益があるとちょっとだけやる気が出ますよ。


以上のように、意外と色々なことがOKだったりするようですね。

プライバシーポリシーを作ることや、著作権を守ることは、グーグルアドセンスのプログラムポリシーに書かれています。

プログラムポリシーの内容だけはしっかり確認しておきましょう。

 


今回のまとめ

今回はグーグルアドセンスの審査の様子と、合格したサイトの情報を記録しました。

 

  • 審査中は一切連絡が来ない
  • 調べて出てくる情報より長くかかることもある
  • 問い合わせに対する反応も特にない
  • プログラムポリシーを守れば、意外とサイト内容は自由

 

深く考えすぎずに、結果が届いたらラッキーくらいの気持ちで、気長に待つことが大事ですね。

きっとそのうち結果が来ますよ。

頑張りすぎずに、気楽に続けるのが一番です。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:知識ゼロから自分のサイトに広告を表示する手順まとめ<画像付き>

 

 

アフィリエイトカテゴリの最新記事