【イラスト】人物の全身を描く練習の資料サイト「ポーズマニアックス」【サイト紹介】

【イラスト】人物の全身を描く練習の資料サイト「ポーズマニアックス」【サイト紹介】

 

人物の全身を描く練習がはかどりそうなサイトが見つかりました。

 

目や髪など、人物の顔を描くのが楽しいです。

参考:【イラスト】<パーツ練習>目を描く②(輪郭付き)【超初心者】

参考:【イラスト】<パーツ練習>髪を描く①【超初心者】

 

顔ばっかり練習してしまいます。

しかし、人には体があるので、人物を描くためには体を描く練習も必要です。

関節の可動域は考えたことがありましたが、ちゃんと描いたことがありません。

 

難しそうなので避けてました!(白状)

 

立体感覚が身に付いていないため、パーツ同士の重なりが生まれやすい体は、描く前から苦手意識がスゴイです。

練習しないことには絶対に描けるようにはならないので、頑張るしかありませんね。


人は服を着る

練習素材を探してみて、新たな発見がありました。

 

人は服を着ている!(普通)

 

普通すぎて全く意識していませんでしたが、これは大問題です。

人物の体に加え、服のしわや動きなどを描く練習も必要になってきます。

また、服装は人によって様々ですよね・・・。

 

これは難易度が高い・・・

 

まずは体の形を捉える練習だけで、できることはないか調べてみます。


ポーズマニアックス

すごいサイトを見つけてしまいました。

 

Posemaniacs.com – 絵の練習用ポーズモデル

 

これはすごい・・・!

 

出来ることを確認してみます。

 

人間の形を捉えることが出来る

服だけでなく、髪や表情などの余計な情報は一切ありません。

というか筋肉です。

本当に人間の形だけに集中することが出来ます。

 

素材が豊富

とにかく素材が豊富です。

 

  • ポーズ
  • 角度
  • 体格

 

これらを自由に組み合わせることが出来ます。

アオリやフカンなどの難しい角度も練習できるのはすごく良さそうです。

 

ランダム表示ができる

私のように優柔不断だと、どのポーズを練習しようかで迷ってしまいます。

また、自分で選ぶと、どうしても偏りが出てしまうような気がします。

それではあまり練習によくないですね。

 

ポーズマニアックスでは、ランダム・ポーズというモードがあります。

自分で選ばなくてもランダムでポーズが表示されるため、偏りなく練習ができます。

 

30秒ドローイングができる

ランダムなポーズが30秒ごとに表示されます。

短い時間で表示されたポーズの全身を捉える練習のようです。

アタリを取る練習にもってこいですね。

 

私にはまだ早いですがね

 

これは少し描ける方用の練習な気がします。

一応時間を長くしたりもできます。(短くもできます)

ある程度描けるようになったら、挑戦してみたいと思います。

 


これらのように、色々できることがあります。

全身を描く練習をするにはもってこいのサイトですね!


今回のまとめ

人物の体を描く練習の素材サイト「ポーズマニアックス」を見てみました。

まだ体を描く練習をしていない私にぴったりのサイトでしたね。

 

また、練習のための機能もありました。

 

  • ランダム・ポーズ
  • 30秒ドローイング

 

30秒ドローイングは少し描けるようになってからの練習方法な気がします。

まずはランダム・ポーズで練習してみたいと思います。

全身を描く練習は何を参考にすればよいかが分からず、困っていましたが、良いサイトを見つけることが出来て良かったです。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:落書きしかしたことがない不器用のイラスト練習記録まとめ

 

 

その他(絵)カテゴリの最新記事