【イラスト】絵を描き始める準備【超初心者】

【イラスト】絵を描き始める準備【超初心者】

 

始めてみないと何もわからないので、とりあえず始めてみます。

 

一口に絵といっても色々ありそうでした。

考えましたが、始めやすそうなことから始めようと思います。

 

アナログが始めやすいので、そちらからやってみます。

最低限必要なのは鉛筆と紙ですかね。

紙はコピー用紙とかならあるのですが、それでもいいのでしょうか・・・?


絵を描く準備

絵を描いてみようと思いましたが、何が良くて何がダメなのかよく分からないですね。

迷ったら「絵 初心者」的な感じで検索です!

 

どのサイトでも共通して書かれていることがありました。

  • 線を描けるようになる
  • 模写をする
  • とにかく継続して描く

共通して書かれていることは、きっと絵の上達に欠かせないはずです。

ちょっと自分なりにまとめてみます。

 

線を描けるようになる


「線くらい私でも引けるよ!」と思ったのですが、奥が深そうです。

文字を書くときとは根本的に違うようです。

 

文字を書くとき「短い線」「直線」が多いです。

それに対し絵を描くときは「長い線」「曲線」を多用します。

 

言われてみると確かに・・・!

長い線や曲線を描くことに慣れていないので、絵をうまく描けないそうです。

線を描く練習は確かに重要そうですね。

 

模写をする

描きたいものを模写するのが一番いいそうです。

例えば、デフォルメされたイラストを描きたい場合は、そういうイラストを模写します。

模写というと写実的なイメージがありましたが、そういうわけではないのですね。

描きたいものに合わせて模写対象を決める必要があります。

 

とにかく継続して描く

これはそのまんまですね。

練習を続けなければうまくならないのは、どんなことでもそうですものね。

続けるためには楽しむことが一番だと思っています。

楽しんでいきたいと思います!


今回のまとめ

ということで、題材や道具にこだわるのはまだ先ですね。

スケッチブックはちょっと高いので、コピー用紙で練習することにします。

 

それから棚の奥底から良いものを見つけました。

「らくがきちょう」です。

いつのものか分かりませんが、全然使っていない状態です。

(絵面がが寂しいので、ダンボーを置いてみました。)

ちょっと大きい紙に書く練習したいときには良さそうです。

紙質は期待できませんが、安いので練習にもってこいです!

 

貧乏性なのです!

準備はこれで整いました。

次回からいよいよ何か描いてみます。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:落書きしかしたことがない不器用のイラスト練習記録まとめ

 

 

その他(絵)カテゴリの最新記事