【Windows10】「フォト」を使用して画像を編集する

【Windows10】「フォト」を使用して画像を編集する

 

Windows10に標準で入っているソフトです。

 

「非常口の人」を使用し、ひじひざの可動域を描く際に「フォト」を使用しました。

これの「描画」ツールが意外とすごかったので紹介します。


Microsoftフォト

Windows10には「フォト」というソフトが標準で入っています。

スタートボタンから入っているか確認してみましょう。

 

Windows10の場合は多分入っていると思います。

もし入っていない場合はインターネットから入れることができます。

「Windows10 フォト」で検索すると出てくる「Microsoft フォト」です。

 

起動してみましょう。

起動すると、写真や画像を一覧で確認することができます。

好きな写真、画像を開いてみます。

 

今回は自分で書いた「どんくさい非常口の人」にしました。

 

直接開く

ちなみにわざわざフォトを起動してから探すのが面倒な時は、ファイルからでも開けます。

 

開きたい画像をダブルクリックで開きます。

「フォト」以外で開いてしまう場合には、開きたい画像を右クリックします。

 

「プログラムから開く」の中に「フォト」があるのでクリックします。

 

これでも同じように開けるので、好きな方法を使ってください。

 

描画ツールの使い方

起動ができたら「描画」ツールを使ってみます。

 

画面右上のメニューから「描画」をクリックします。

 

すると画面上に描画ツールが出てきます。

8つのボタンがありますので、右から紹介していきます。

 

  • ボールペン
    • 丸いペンです。一番普通のペンだと思います。

 

  • 鉛筆
    • かなり本物っぽい鉛筆の線が描けます。

 

  • カリグラフィ ペン
    • 描く方向によって太さが変わり、リボンのような線が描けます。

 

  • 消しゴム
    • 描いた線を消すことができます。
    • 一筆描きの線は一度に消えるので注意が必要です。

 

  • タッチによる手書き
    • オフにすると線が描けなくなります。

 

  • コピーを保存
    • 描きこんだ状態の画像を保存することができます。

 

  • 共有
    • ほかのユーザーと描きこみを共有できます。

 

  • キャンセル
    • 描きこみを保存せずにすべて破棄します。

 

3種類のペンは色やサイズも変えられます。

 

3種類のペンを比較するとこんな感じです。

字が汚いのは勘弁してください。

マウスで書くのは難しいです。

 

「鉛筆」の鉛筆感がすごくて感動しました!


今回のまとめ

ということで、今回はWindows10の「フォト」をの「描画」ツールを使ってみました。

「フォト」には「編集」ボタンもあり、画像の切り抜きや明るさの変更などもできます。

簡単な画像の編集だけならこれで十分ですね!

 

最初から入っているソフトでも意外と使えるソフトが多いですね。

「Snipping Tool」もそうでした。

 

入っているのに使ったことがないソフトがまだまだあります。

使ってみて感動したソフトがあれば、また紹介したいと思います。

(もしかして普通は知っているのかも・・・?)

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

その他(PC)カテゴリの最新記事