【音楽】不器用が作曲に挑戦⑥<テーマ:子供っぽい曲>【超初心者】

【音楽】不器用が作曲に挑戦⑥<テーマ:子供っぽい曲>【超初心者】

 

不器用が作曲シリーズ第6弾です。

 

第4弾で少し調子に乗り、第5弾でこけました。

落ち着いた雰囲気の曲が得意というわけではなかったようです。

関連:【音楽】不器用が作曲に挑戦④<テーマ:優雅な曲>【超初心者】

関連:【音楽】不器用が作曲に挑戦⑤<テーマ:牧歌的な曲>【超初心者】

 

今回はまたガラッとテーマを変えてみたいと思います。

 

今回のテーマ:子供っぽい曲

 

はしゃいだような、かわいらしい曲を目指します。

 

いざ、作曲です!


出来上がった曲

完成した曲がこちらです。

 

わずか1分の短い曲ですが・・・

 

結構いいのでは・・・?

 

テーマの子供っぽさが割と出ているような気がします。

初めてテーマに沿った曲が出来ました!(自画自賛)

今回意識したことをまとめておきます。


子供っぽくするために意識したこと

以下の3つのことを意識して作りました。

 

  • 子供が鳴らしそうな楽器を選ぶ
  • 副旋律を自由に動かす
  • 大人の力を見せつける

 

1つずつ確認します。

 

子供が鳴らしそうな楽器を選ぶ

楽器選びが大切なのは第4弾で学びました。

楽器は「幼稚園・小学校にありそう」ということを意識して選びました。

 

  • ボトルブロー
  • 鍵盤ハーモニカ
  • おもちゃのラッパ
  • オルガン
  • 木琴
  • リコーダー

 

メロディーにはボトルブローを使用しました。

ペットボトルを吹いたことはありませんか?

ビンなどのボトルを吹いて音を鳴らす楽器(?)がボトルブローです。

子供がやりそうですが子供が綺麗にならすのは無理、という不思議な楽器です。

音がかわいいので良しとしましょう。

 

副旋律を自由に動かす

副旋律とは、メロディー(主旋律)とは別に動いているメロディーのことです。

子供はあっちこっちで自由に遊びます。

主旋律を無視して動くもう1つの旋律があってもいいかと思い、挑戦してみました。

 

大人の力を見せつける

子供がいるところには大人がいます。

楽器を変えるだけで雰囲気が変わるので、途中で大人っぽい楽器に変更してみました。

 

  • ピアノ
  • トランペット
  • バイオリン
  • クラリネット
  • ホーン

 

など、オーケストラで使いそうな楽器を選びました。

子供がすることを大人が本気でするとちょっと面白いですよね。

 

なんか可笑しい

 

そんな感じになりました。

これがあって子供っぽさが際立ったように感じます。

 

以上の3つを意識して作曲しました。


子供っぽくなった理由

今回うまくいったのは2つの要因があるように思います。

 

楽器の力

やっぱりこれは大きいです。

楽器選びはうまくいったと思います。

途中で大人っぽい楽器を入れてみたのも良かったと思います。

 

短くまとまった

童謡などの子供向けの曲は、短くシンプルなものが多いです。

Aメロやサビなどの区別が良くわからない曲もあります。

毎度おなじみの「かえるのうた」もどこがサビだかよくわかりません。

 

かえるのうた

 

無意識でしたが、今回の曲は短くまとめられたと思います。

 

以上の2つがうまくいった理由だと思います。

今回は楽器だけでなく自分の力も要因に入っています。

 

成長した!(気のせいかも)


今回のまとめ

今回は「子供っぽい曲」を目指して作曲しました。

初めてテーマに沿った曲が作れたような気がします。

たとえ偶然でも、とても嬉しいです。

嬉しい・楽しいは継続するのに重要な要素なので、自分に甘くいきたいと思います。

 

偶然を引き出すのも実力!(自画自賛)

 

様々なテーマで偶然を引き出せるように頑張っていきます。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:不器用が作曲に挑戦シリーズ&身に付けた音楽知識まとめ<音・動画付き>

 

 

作曲カテゴリの最新記事