【WordPress】たった1分でサイトマップの「This page contains the following errors」エラーを直す方法【超初心者】

【WordPress】たった1分でサイトマップの「This page contains the following errors」エラーを直す方法【超初心者】

 

2ヶ月近く放置していましたが、方法が分かれば1分で直せるエラーでした。

 

作ったサイトをGoogleに知ってもらうため、「Google Search Console」にサイトマップを送信しています。

このサイトでは、サイトマップを「All in One SEO」というプラグインで作成しています。

(エラー原因が同じなら、違うプラグインの方も同じ方法で直せます。)

 

うまくいっていたのですが、ある日突然サイトマップがこうなりました。

This page contains the following errors:

error on line 2 at column 6: XML declaration allowed only at the start of the document.

Below is a rendering of the page up to the first error.

 

でぃすぺーじ、・・・こんたいんず?

 

なんかエラーが起こっていることしかわかりません。

翻訳してみてもよく分かりませんでした。

こちらはChromeの場合の表示です。

IEでは、エラーも表示されず真っ白なページが表示されました。

 

今回は、こちらのエラーを1分で解決した方法を紹介します。


エラーの原因を探る

まずはエラーの原因を確認します。

今はこのエラーが表示されている状態だと思います。

このエラー画面のページを右クリック「ページのソースを表示」をクリックします。

 

するとゴチャゴチャしたページが開きます。

1行目に注目してください。

空白行になっていませんか?

もし空白行になっていれば、それが原因で表示できなくなっているので、同じ方法でエラーを直すことが出来ます。


エラーを修正する

もし同じエラー原因だったなら、1分で直すことが出来ます。

 

まず、WordPressの左メニュー「外観」「テーマの編集」をクリックします。

 

次に、右側のメニューから「テーマのための関数」をクリックします。

 

一番下までスクロールすると「?>」の下に改行が入っていると思います。

ここの余分な改行をバックスペースで消し「?>」が最後の行になるようにします。

終わったら「ファイルを更新」をクリックします。

 

以上で修正が完了です。

もう一度サイトマップを開いてみると・・・

 

正常に表示された!

 

ということで、改行を消すだけでエラーを修正することが出来ました。


今回のまとめ

サイトマップがエラーで表示されなくなった時の修正方法を記録しました。

一時的なエラーかと思って放置していましたが、ちゃんと原因がありましたね。

分かってしまえば1分で直せるので、次にこのエラーが起こっても安心です。

 

CSSPHPというのを一度しっかり勉強すれば、エラー原因の特定も早くなりそうです。

そろそろ1回くらい本を読んでみた方が良いのかもしれませんね・・・。

 

気が向いたら勉強してみます!(しないパターン)

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連:知識ゼロからホームページ作成・公開するまでの手順と公開後の作業まとめ

 

 

WordPressカテゴリの最新記事